子供の足の臭いがクサイ!病気の可能性も視野に入れる!


子供の足の臭いがキツイ時に病気と考える人もいます。実際に病気の可能性も少なからずありますので注意が必要です。
病気で足が臭い場合は、いくら対策・対処方法を実践しても効果はありません。

 

 

病気で足が臭い場合はその病気を治さない限り足の臭いは消えません。
では足が臭くなる病気にはどのような病気があるのでしょうか?

 

 

以下まとめてみました。大きく4種類あります。

@水虫
A多汗症
B内臓疾患
C糖尿病

 

 

スポンサードサーチ

 

水虫で足が臭い場合の対策・対処方法


水虫で足が臭い場合はいくら足の臭い対策を施しても一向に解消はしません。水虫も通常の足の臭いも同じく高温多湿状態を好むので、即座に出来る事は、蒸れるような状態を作らない事です。

 

そのような状態を作るという事は水虫の臭い+通常の足の臭いを併発させる事になり強烈な臭いを発生させる原因になるからです。

 

水虫じゃないかと判断出来るポイントは「足の痒み」です。足に痒みがある場合は水虫の可能性があるので、まずは自己判断するよりも皮膚科受診が好ましいでしょう。

 

 

 

 

 

多汗症で足が臭い場合の対策・対処方法


多汗症だと足が臭くなる可能性が高いです。特に多汗症は種類があるのですが、足に多く汗をかく種類の多汗症の場合は高確率で足の臭いを発生させます。

 

多汗症自体は臭いを発する事はありませんが、汗が大量に出る、継続的に出るという事は、足の古い角質や足アカなどを流す事になります。足にいる菌がこの角質やアカを好むので栄養にして老廃物を通常よりも多く排出する結果となります。

 

この老廃物の中の1つの酸が臭い発生の元なので汗をかけばかくほど、臭い発生の頻度が高まるからです。
内科や専門内科もありますので受診してください。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

内臓疾患で足が臭い場合の対策・対処方法


子供の場合は内臓疾患の病気にかかっている可能性は大人と比べると非常に少ないと思います。このB内臓疾患は比較的大人の割合が高いですが、この内臓疾患も足の臭いを発生させます。

 

理由は、免疫力の低下です。通常人間が持っている抗菌力が弱まる事により、足の菌が大発生してしまいます。
結果そこに足アカや古い角質があれば栄養として多くの老廃物を排出し、臭いを発生させることになります。

 

見分けるポイントは免疫力低下なので他の菌も力が強くなり、足だけでなくて口臭やら様々な部位で臭いが発生するので家族もすぐに気づくはずです。

 

内科受診が通常です。子供の場合は、生まれつきの病気がないかも確認してもらいましょう。

 

 

 

 

 

糖尿病で足が臭い場合の対策対処方法


糖尿病は子供とは関係ないと思っていますか?しかし糖尿病は2種類あり、私達がよく知っている中年になると出てくる糖尿病は糖尿病2型と言われており、遺伝やら肥満、運動不足により発病しますよね。

 

 

しかし、1型と言われる糖尿病は子供でもある日突然発生する事があります。

 

1型の場合に足の臭いを始め、免疫力が低下するので様々な部位で臭いが発生する事が多いです。この為に病院に行き初めて糖尿病になっている事を知るケースもあります。

 

喉が非常に乾いている様子、急激に痩せてしまった、尿がいままでよりも頻繁などの症状も合わせてある場合は糖尿病の1型の可能性もありますので内科・専門科にて検査をしてもらいましょう。

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

子供の糖尿病の種類について


子供がなる糖尿病は1型糖尿病になります。以下1型と2型の概要です。

1型糖尿病 膵臓のβ細胞が壊れている状態でインスリンが分泌されなくなった状態。インスリン注射が必須になる糖尿病です。
2型糖尿病

遺伝要素が非常に高く、その素質を持っている人の中でさらに、ストレスや運動不足、肥満などの食生活の影響が加わり発症します。軽度から重度までありますが、軽度の場合は運動と食事で良い状態を維持できます。
こちらの糖尿病は基本的に子供はなりません。中年以上での発症が基本です。

 


 



スポンサードサーチ
TOPへ